新宿の民。

新宿在住20代会社員が新宿の今を発信するブログ

1度来たら3度来たくなるラーメン屋!俺の空 新宿店に行ってみた

スタイリッシュな店内で3段階楽しめる濃厚魚介ラーメン

 

新宿大ガードから西新宿方面へ向かう青梅街道沿いにあるラーメン屋「俺の空 新宿店」。学生時代、高田馬場の人気店「俺の空」にはよく通っていましたが、ここ新宿店には入ったことがありませんでした。俺の空のメニューといえば、魚介豚骨のWスープの”豚そば”でしたが、最近”節そば”というものにモデルチェンジしたという噂を聞き、それを確かめるべく入店してみました。

f:id:urbanlife03:20190630171129j:plain

高田馬場店と同じく、大きく店名が書かれたシンプルな看板とのれんが印象的です。中は、黒を基調とした内装で、照明を落とした雰囲気のいいスタイリッシュな空間。カウンターとテーブル席が各10席程度あり、ひとりでも複数でも入りやすいです。

f:id:urbanlife03:20190630171619j:plain

入ってすぐ左手にある券売機でメニューチェック。たしかに、”豚そば”ではなく”節そば”になっていました。店によると、1回目は「掛け節そば」(ラーメン)、2回目は「浸け節そば」(つけ麺)、3回目は「和え節そば」(油そば)の順番で食べるのがおすすめ、とのことなので、まずは「掛け節そば」を注文することにします。

f:id:urbanlife03:20190630172040j:plain

店員に食券を渡すと、カウンターに通されます。水は着席時に提供されますが、そのあとはセルフサービスのようです。卓上には粗挽き胡椒とフライドガーリックが用意されています。

f:id:urbanlife03:20190630172414j:plain

10分弱で着丼。掛け節そば(830円)。鰹節が浮いていて見るからに濃厚な魚介スープです。麺はストレートでかなり細く、硬めの茹で加減。具は細かく刻んだチャーシューとメンマ、小さい海苔とネギのみ。シンプルではありますが、刻みチャーシューがスープと細麺によく絡んで、濃厚な味わいを演出しています。このスープに合わせるなら、一般的な薄切りチャーシューではなく、刻んでほぐれたものを使うのが最適解なのでしょう。とてもまとまりのいいラーメンです。

f:id:urbanlife03:20190630172932j:plain

 

後日、2回目はこれ!だという「浸け節そば」を注文してみました。こちらは、トッピング全部乗せ(「俺の~」)です。

f:id:urbanlife03:20190630173936j:plain

俺の浸け節そば(1,130円)。「俺の~」になると、鴨チャーシュー3枚、太メンマ4本、味玉がつきます。漬け汁は、掛け節そばのスープと同じく、中に刻みチャーシュー・メンマが入っているもの。麺の大盛は無料なので、大盛にしてもらいました(並盛は300g、大盛は450g)。掛け節そばが細麺だったのに対し、浸け節そばの麺は中太麺。スープは同じでも、麺の太さが変わるだけで、味わいも喉越しも変わります。比較をすると面白いです。

次に来店するときは「和え節そば」を食べてみたいと思います。同じベースのスープで3段階楽しめるラーメン、1度来たら3度来たくなります。

 

俺の空 新宿店 詳細

所在:東京都新宿区西新宿1-3-13 

営業時間:11:00~22:30