新宿の民。

新宿在住20代会社員が新宿の今を発信するブログ

がっつり草食系油そば!ぶぶか新宿紀伊国屋店に行ってみた

新宿に進出した「ぶぶか」で、野菜たっぷり油そばを食す

 

カップ麺でもお馴染みの油そば専門店「ぶぶか」が、昨年11月、新宿に2号店をオープンさせたということで、食べに行ってきました。

場所は新宿駅地下通路直結の新宿紀伊国屋ビル地下1階「紀伊国屋ビル名店街」の中。ここでは以前、カレースタンドの「モンスナック」にも訪問しました。

 

www.urbanlife03.tokyo

 「ぶぶか」は名店街の奥、紀伊國屋書店の地図・旅行ガイド売場の目の前に出店しています。

f:id:urbanlife03:20190323232627j:plain

店の前にはでかでかとメニュー表があるため、券売機の前で慌てることなく、ゆっくりと選ぶことができます。券売機の上にさりげなく(?)三河製麺の箱が置いてありますね。カウンター中心ですが、テーブル席もあり、グループでも利用しやすいです。

f:id:urbanlife03:20190323233555j:plain

ぶぶかの油そばは大きく分けて、こってり味の”黒丸”と、あっさり味の”白丸”があり、味玉やチャーシュー増しのバリエーションがあります。他にも醤油ラーメンやおつまみもあり、トッピングも充実。今回は、ネーミングが気になった「黒丸 草食系油そば(800円)」をいただきます。

f:id:urbanlife03:20190323233815j:plain

着丼。すごいボリュームです。もやし、ネギ、かいわれ、ほうれん草が盛りに盛られ、麺が見えません。チャーシューは一枚のみ。たしかに草食系です。

一気に下から混ぜたいところですが、どんぶりから溢れてしまうので、まずは麺を引きずり出しつつ、もやしを攻めて量を減らしていきます。そして、途中からは豪快にミックス。まぜそばの醍醐味です。もちもちの太麺とシャキシャキの野菜がいいバランス。こってりの黒丸ですが、もやしの水分のせいか、思ったより味は薄めの印象。野菜にも下に沈んだ汁をたっぷりつけてあげるのが良さそうです。

f:id:urbanlife03:20190323234627j:plain

卓上には、酢、ラー油、にんにく、辛みそ、胡椒。それと、油そばの食べ方指南が置いてあります。指南の通り、半分ほど食べ進めたところで、ラー油や酢を入れて味変を楽しんでいきます。これも油そばの醍醐味。あっという間に完食しました。

ちなみに、店名の由来は、往年の棒高跳び選手セルゲイ・ブブカ。少しずつでも記録を伸ばしていくブブカのように成長したいという願いを込めて「ぶぶか」と命名したそうです。

席数多めで、奥まった場所だからか休日の昼時でも満席にはならない穴場。今度は肉食系を食べに来ようかな、と思っています。

 

☞ぶぶか 新宿紀伊国屋店 詳細

住所:東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊国屋ビル地下1階 

営業時間:11:00~22:00